湘南三浦建築設計協会

逗子市、葉山町、三浦市を中心に建築の設計施工から不動産まで地域に根差した業務活動をしている団体です。

事務局 

TEL.046-882-3533

〒238-0224 神奈川県三浦市三崎町諸磯47-1

耐震診断の方法(鉄筋コンクリートの場合)

耐震診断の方法(鉄筋コンクリートの場合)

● 1次耐震診断

各階の柱と壁の断面積とその階が支えている建物重量から耐震性能を計算する最も簡便な方法です。

比較的壁の多い建物には適していますが、壁の少ない建物では地震に対する耐力が過小評価されてしまいます。

設計図面が残っていれば建物の詳細な調査を行わなくても短期間で計算出来る工法です。しかし1次診断の結果を持って正しい補強設計を行う事は出来ません。

耐震診断実施後に耐震補強設計や耐震補強工事を考えておられる場合は2次診断を行う必要があります。

 

● 2次耐震診断

各階の柱と壁のコンクリートと鉄筋の寸法から終局耐力を計算して、その階が支えている建物重量と比較する診断計算方法です。

コンクリートの圧縮強度・中性化等の試験、建物の劣化状態(ひび割れ・漏水・鉄筋錆・コンクリート爆裂)などの現地調査が必要です。

1次診断での耐震診断結果より信頼性がはるかに高く、耐震補強設計や耐震補強工事に進むことが可能です。

 

● 3次耐震診断

2次耐震診断の柱と壁に加えて梁も考慮して計算する診断方法で現行建築基準法の保有水平耐力計算とほぼ同レベルで建物の終局耐力を計算する方法です。

しかしながらこの計算方法は、保有水平耐力計算と言う計算方法の計算上の仮定に最も左右されやすい計算方法であり、計算結果通りに建物が終局耐力に達するか否かについてを十分注意して判断する必要があります。

« »